BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

M-1グランプリ2008

ようやく、録画していたM−1を観ることが出来た。
で、その感想。


今年は、あまり知らないコンビが多かった。
正しくはテレビで観たことはあっても、コントやバラエティばかりで
漫才という形式で観たことがないコンビが多かった。


なので、今年は去年よりもグレードが低いのかなぁ
と思い込んでいた。


しかし、全体的にレベルが高かった。笑えた。
キングコングとザ・パンチは笑えなかったので、
審査員の評価とボクの笑いの感覚は似ているのかもしれない。


優勝したNON STYLE は面白かった。
笑いの波がいいリズムでやってきた。1本目も2本目も平均して笑えた。
ただ、ボケが自分を戒めるところが「はい、ここボケですよ」と
知らせているような、昨今のバラエティの字幕のような感がして目に付いた。


ナイツはボケとボケの感覚が段々狭く、早くなり
笑いが波状でやってきて、撒いていた複線(めがね・城)を広いながら後半爆発した。
つっこみがボケを拾いつつうまく広げていて、優勝候補の肩書きに偽りなし
の貫禄すら感じた。1本目がウケ過ぎて2本目が弱く感じたのが残念。


一番びっくりしたのがオードリー。
キャラ先行コンビかと思いきや、ちゃんと漫才している。
キャラものを取り込みつつ、あのスタイルで笑わせるのがスゴく新鮮だった。
目新さもあり、一番笑った。
結果を知りつつ観ていたものの、2年連続敗者復活からの優勝と思わせるパワーがあった。


ボクがこうして書いているのと同様に、多くの一般視聴者が
今回のM−1グランプリのことをブログに書いている。


十人十色。それぞれに独自のお笑い論があり、それを読むのも2次的な楽しみだったりする。
NON STYLE の優勝を喜び称える人もいれば、異を唱える人もいる。
やれ大阪よりだの、吉本びいきだの、批評があふれかえっている。


でも結果は変わらない。
ならば、M−1は笑って観ればいいじゃないか。
漫才ってそういうもんでしょ。