BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

キン肉マン マッスルショットが面白くて困る

キン肉マンのゲームがAndroidにリリースされた。
その名も「キン肉マン マッスルショット」

f:id:nylon23:20150322221942p:plain


ジャンルはアクションRPGとなっているが、これは違和感ありまくりで
いわゆるモンスト系のおはじきゲームだ。

 

詳細はこの辺りを参照されたし

app.famitsu.com

ボクはキン肉マン連載時に毎週読んでいた世代で、
今でもコミックは買い続けているキン肉マンファンだけれども
このゲームに手を出すことは無いかなぁ、と思っていた。

理由1)キャラに頼ってダメなゲームがあった
臆さず言います、dゲームの超人タッグファイトがそれ。

www.dmkt-sp.jp

ググったら出てくる、↑の公式サイトをパソコンで開いてもらえば分かるように
ユーザーの視点に立ててない、開発のダメさが随所に散りばめられている。
重いし、キャラクタへの愛情も感じられず、画も雑。ダメです。がっかりです。

 

理由2)配信元が DeNAディー・エヌ・エー
ボクはGREEとかモバゲーが嫌いです。ゲームをダメにした元凶と思っている。
プロセスを楽しむという根底を、課金でショートカットし、結果主義にしてしまった企業だから。
もっとも、それに甘んじるユーザーにも問題はあるけど、言葉巧みに心の隙間に付け入るシステムを生み出したのは許しがたい。
なので、意地でも搾取の印象強いモバゲーIDは取得しないようにしている。

今回もとりあえずインストールして、ゲーム開始時にID登録を要求してくるようだったらアンインストールする、と決めていた。

↓この七つの大罪のように・・・

ssl.mbga.jp

これは余計な心配だったようで、モバゲーIDの登録なしにプレイすることが出来た。
早速プレイしてみた。

f:id:nylon23:20150322223039p:plain

画面はこんな感じ。
進めたい方向に弾くのではなく弓のように後ろに引っ張って離すと超人が飛んで行く。
仲間の超人に触れるとスキルが発動。
触れた超人のスピードアップを促したり、コーナポストからダイブしたりと様々。
これに「友情アタック」と名付けるあたり、なかなかニクいね。

ストーリーモードは原作を軽く踏襲している。
が、原作を読んでいないとイマイチ分からない程度の掘り下げっぷり。
でもあんまりダラダラしても仕方がないので逆に好感が持てる。

超人はドロップとガチャで集める
超人はバトルで稀に敵がドロップするもので得るか、
スマフォゲームではすっかりお馴染みとなったガチャで入手する。

f:id:nylon23:20150322224203p:plain
ガチャはしっかりキン消しのガチャガチャを連想させてくれるタイプ。
リアルキン肉マン世代にはこれもまた嬉しい演出。
何が出るかドキドキしながらガチャを回す。
そう、ガチャといえばキン肉マンなのだ。

f:id:nylon23:20150322224423p:plain
こんなマニアックな超人(怪人?)もしっかり居ます。育ててみようかな(笑)

イベントバトルでは本編でも人気が再燃している悪魔超人が手に入る。
好きな超人念願のステカセキングをゲット!

f:id:nylon23:20150322185514p:plain
早速スタメン入りしたよ↓

f:id:nylon23:20150322225102p:plain

f:id:nylon23:20150322185515p:plain
勝利後のコメントが訛っているのは多分間違え。修正されるかな?
ちなみにテリーマンは「大人をからかっちゃいけないよ」という
銭ゲバ下衆超人時代のセリフが採用されている。悪意しか感じない(笑)

なんだかんだでよく出来たゲーム。
キン肉マンファンは是非やってみて。オススメ!

これのお陰でサウザンドメモリーズ(千メモ)全然やらなくなった・・・。