BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

モノノフでした

ボクは前はモノノフでした。
モノノフってのはももクロことももいろクローバーZのファンのことです。

彼女たちの歌う曲が好きでファンになりました。
楽しい曲や、カッコイイ曲、面白い曲様々ありますが、共通してノリのいい曲ばかりでした。
アイドルに興味のなかったボクにとって、アイドルソングで気分が高揚するなんて思ってもみなかった「事件」でした。

後を追うようにメンバーについて学びました。
どの子らもみんな真っ直ぐに頑張っていました。
ますます応援したくなりました。

心の荒んだボクのようなおじさんがファンになるのはももクロにとっては珍しいことでは無いようで、他にも同じ境遇の方がモノノフにはいらっしゃいました。

ボクが応援を始めた頃は既にブレイクし始めた頃で、チケットはなかなか手に入りませんでした。
会場には行けないので近所の映画館で行われたライブビューイングというカメラ越しにライブに参加するという、冷静に考えれば少し悲しい、でも参加したら楽しいイベントに参加しました。

Twitterではももクロの情報を集めるために他のモノノフをフォローしていました。
そのTwitter上で色々情報を聞いたり、意見を交換したり、ファン同士の交流をしていました。

実際にライブに参加できることになった際に、お会いしたりもしましたが皆さん優しい方々でした。
おかげでライブがより楽しめました。

でも、ボクはもうモノノフではありません。
きっかけは新曲が好みじゃなかったことです。
1stアルバムのバトルアンドロマンスは良いアルバムでした。
どの曲もワクワクして元気がもらえる名盤でした。
しかし2ndアルバムは違いました。
シングル・カットの曲は素晴らしいのですが、初収録曲がどれもこれもイマイチでした。
なんというか、のれないのです。ワクワクしないのです。
出来の悪い歌謡曲を、歌唱力が発展途上の女の子たちに無理やり歌わせているようで、楽しめませんでした。
二番煎じ的な曲もありました。

もともと元気になれる曲が好きで応援し始めたので、曲が好みでなければその気持も薄れてしまいます。
彼女たちの真っ直ぐなところは変わらずキラキラと輝いていますが、その磨き方を周りの大人達が間違えているように思え、とても残念です。

ももクロをきっかけにアイドルソングを聴くようになりました。
その結果、私立恵比寿中学の曲に出会えることが出来ました。
エビ中の曲はテンポのいい曲が多いです。
聴かせる曲もありますが、ももクロよりもレベルの高い子たちが歌うので安心して聴けます。
安心というよりも個性を楽しみながら聴けます。

ということで今は私立恵比寿中学を応援していますが、先日3人が転校(脱退)してしまいました。
9人のバランスが好きだったので、これまた残念です。

結論:アイドルはハマることなく嗜む程度に。