BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

5TH DIMENSION

ももいろクローバーZ 待望の2ndアルバム「5TH DIMENSION」をセブン-イレブンで購入。
高城れに 第二形態のトレカ目当て。
正直いって今回のドリアンマスクは顔が見えなくてイヤーンなんだけど、せっかくだからスティッキー・フィンガーズな第2形態にしました。

さて、今回5次元がテーマのアルバム。
2012年駆け抜けるように一気にメジャーに乗り上げたももクロちゃんの新たなステージと位置づけされているアルバムです。

まだ2〜3回しか聴いていませんが、ももクロの元気さ 明るさ 力強さが好きで、このアルバムを手にするとガックリくると思う。
もしももクロをテレビで観て興味がでて曲が聴きたいという人がいたら迷わず再プレスされたバトルアンドロマンスを勧めます。

なんかももクロじゃなくてもいい90年台の雰囲気を持つ曲が多い気がします。
こじんまりしているというか、その分聴き慣れると好きになる可能性は秘めているかもしれませんが・・・。

曲ごとに今時点の感想を。
もっと聴いたり春の一大事の後にはガラリと変わっていると思います。

1.Neo STARGATE
とにかく壮大。映画館の予告編で流れているような感じ。
アルバムのプロローグとしてはこれでいいのかもしれませんが、なかなかももクロちゃんの歌が始まらずやきもき。2分半は長いっすよ。
PVで観た時よりは耳も慣れているせいか退屈感は無くなりカッコいいと感じました。

2.仮想ディストピア
第一印象はPUFFYっぽい曲だなと思いました。
楽しめの曲ですが、突き抜けたものがなくこぢんまりとした感じ。

3.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
ネオスタ〜仮想〜猛烈とつながりが違和感なく驚き。
安定のシングル勢。シングルで最初聴いた時はネオスタのように壮大だと思いましたがライブでとても好きになった曲でもあります。

4.5 The POWER
アルバム新曲の中で一番好きな曲。
ももクロのラップパートは今までもたくさんありましたが不安定な可愛さが強かった分、この曲はちゃんとリズムを取ってかっこ良さが感じられます。特にれにちゃんがいい。
新たな可能性を感じましたが、これまたこぢんまりとしちゃっているのが残念。
聴きなれたら「そうでもない」になってしまう可能性もある曲だったりします。

5.労働讃歌
これまた安定のシングル勢。かっこ良く、働く気力がもらえる曲です。
メゲそうなとき口ずさむと「さ、働くか」となります。
ライブで拳を突き上げ歌いたい曲。

6.ゲッダーン!
本アルバムで一番肩透かしを食らった曲です。題名から期待していたのに・・・。
昭和のダメな曲のテイストが強く退屈です。

7.Z女戦争
長さばかりが話題に上がりがちですが、改めて聴くと楽しい曲。
耳が慣れただけかもしれませんが・・・。

8.月と銀紙飛行船
物語が始まるかのような前奏が幻想的。
クセが取れた杏果の歌声に引き込まれます。
静かな場所でじっくり聴きたい曲。

9.BIRTH Ø BIRTH
もう餓狼伝説のギースステージにしか聴こえません。全体的にSNK格ゲー感があります。
歌自体はももクロの必然性を感じない曲ですが、ギースのおかげで聴き飽きない。ずるい。

10.上球物語 -Carpe diem-
なぜか横アリ1日目が目に浮かびました。
楽しい雰囲気ですが、ココナツでもチャイマにもなれなかった感で消化不良。
あーりんのパートは好き。

11.宙飛ぶ! お座敷列車
みんなのうたとかおかあさんといっしょなノリ。ナレーションは逃げだと思う。

12.サラバ、愛しき悲しみたちよ
アルバム後半のモヤモヤを吹き飛ばす布袋サウンド。
確かにいい曲だけどももクロの代表曲、ではないと思う不思議な立ち位置。

13.灰とダイヤモンド
曲の始まりからただよう他の曲にない雰囲気はなんなんでしょう。
アルバムの最後を締めくくるに持って来いの曲。
横になって歌詞を噛み締めながらじっくり聴きたいと思います。