読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

思った以上に便利な「Mail」

MacBook Airに標準搭載されているメーラー。
その名も「Mail」。そのまんまですね。
 
メーラーといえば古くはEudoreに始まり、OutlookExpress、Outlook、Thunderbirdと渡り歩いてきました。
最近ではGmailも使うようになり、自宅のメールや仕事のメールとメールアカウントも複数使うようになりました。
ボクが新人の頃はメールはおろかパソコンすら偉い人しか持つことが出来ず、書類を作る時はワープロでした。
罫線ボタンなんて今の若い人は知らんでしょうな。
・・・話がズレました。
 
まずはメーラーのMailにはGmailアカウントを登録しました。
Gmailは容量がでかく、WebブラウザやiPhoneなどからも閲覧できるため便利です。
仕事のメールやiPhone宛のメールもガンガンGmailのフォルダに突っ込んでいます。
検索も早いですし。
 
Gmailアカウントを登録したら、メインとなるメールボックスの他にGmailというメニューも出来ました。
これが最初は混乱の原因になりました。
受信したメールが、メールボックスGmailの両方にあります。
なんでダブってしまうのか、が分からなかったためです。
メールボックスの受信メールを削除してもGmailの方は残っています。どういうことだ?
 
そんな疑問も持ち、しばらくは使いませんでした。
Webブラウザ上でGmailを見ればいいや、と思ったのです。
 
しばらくして自宅で会社のメールを受信しなくてはならない事態になりました。
そこで、会社のアカウントをMailに登録して受信してみました。
当然後日会社で受信したいので、「サーバーから削除する」のチェックボックスを外しました。
 
その時に気付いたのです。
Gmailも同じで、サーバーにあるのが「Gmail」で引き取ったメールが「メールボックス」に入るのだと。
そのカラクリを知ってからは急速に使いやすくなりました。
縦3分割表示のカラムも同じ題名のメールをまとめる機能も、プレビュー画面の見やすさも全てが使いやすく感じるようになりました。
 
ひとつの疑問・つっかえが無くなることでここまで気持ちが変わるのかと、単純な自分の性格に感謝しつつ、今日もMacBook Airを開いています。