BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

DropboxとEvernoteを入れてみた

MacBook Airにどのアプリを入れてみようか。
この「アプリ」を「入れる」という概念自体が、既にパソコンというよりiPhone脳になっている。
 
iPhoneでも便利に使っている、DropboxEvernoteを落としてみた。
どちらもクラウドを象徴するようなアプリで、16Gしか無いiPhoneのディスク容量を助けてくれる存在でもある。
 
早速立ち上げてみた。するとすぐにサーバー上のデータとの同期が始まった。
画面のメニューを見ると、うん?ダウンロード中と表示されている。
 
iPhoneと同じ感覚で考えていたが、アプリでのDropboxEvernoteもパソコンのディスク上のデータとクラウドサーバのデータを同期するものだった。
つまり、PCとサーバーの両方にデータを抱えることになり、PCのディスク容量が節約できる訳ではないのだった。
 
まぁ使い勝手を考えるとPC上にデータを持っていた方が作業も早いし、128GBあるのだからまぁいいか、ということにした。
ちなみに同期には結構時間がかかった。
プレミアムユーザーはもっと時間がかかるだろうな。