BOSEは1日にしてならず

記事単位で開けばリンクが新規ウィンドウで開くようになり便利です。

iPhoneのデータが飛んだ日

2011/7/19(火)0:45

子供と一緒に寝てしまい夜中に目が覚める。
そういえばiOS4.3.4がリリースされていたんだっけな。
そう思い夜中にごそごそとファームアップの準備を始めた。

データのダウンロードが終わりiPhoneへの転送が始まる時だった。
一向にデータが送られない。
画面には「USBに挿せよ」のアイコンが。
魔が差したボクは事もあろうにUSBを抜き差ししてしまった。

当然ハングアップとなる。
途方に暮れるも仕方がないので、工場出荷時の状態に
初期化してからバックアップで復旧させることにした。

まずは初期化は無事に完了。
次にバックアップデータをiPhoneに戻しているときに
パソコンがフッっと落ちた。

当然失敗。同じことを2度繰り返した。
いずれもバックアップデータを戻している途中で
パソコンが力なく落ちてしまう。

もう外は明るくなってきている。
ボクは諦めて、アプリをちまちまとiPhoneに送りこむことにした。

必要最低限のアプリのインストールは終わった。
しかし、初期状態にまっさらなアプリが入っただけだった。

きれいに並べていたアイコンはバラバラに。
終盤まで進んでいたファイナルファンタジー3も新品同様に。
コンプリートしていたガチャコンも気持ちを新たにはじめられる状態に・・・。

TwitterクライアントアプリやInstagram、foursquare、PictShareなどの
初期設定もまっさらになったので全て打ち込んだ・・・はず。

Goodreaderにまとめていたデータも、写真フォルダの画像も
電話帳も全てがなくなった。

GmailEvernoteDropbox に保存していた
メール、データ、写真はクラウドの恩恵で無傷だった。
クラウド万歳!これは本当に助かった。

あと、80%まで逼迫していたディスク容量が30%になった。
それだけ色々ため込んでいたのかな、とある意味さっぱりした気分。

長々と書いたが要点は以下の4つ
1) パソコンは新しいものを使う
2) アップデート中はケーブルを抜かない
3) クラウドって便利だな
4) データも万物の法則が当てはまるんだな