BOSEは1日にしてならず

今やっているゲームのはなし

ツイートで振り返る白猫プロジェクト4周年

白猫プロジェクト4周年を振り返る

f:id:nylon23:20180731221239p:plain

スドリカ運営がアンサンブルという面白さゼロでストレスMAXのイベントを導入してくれたおかげですっかりプレイしなくなって来た頃、白猫プロジェクトが4周年を迎えました。
ボクは1周年の少し前、茶熊学園1期くらいから始めました。
途中属性導入やアイドルキャッツ、七つの大罪コラボ2で嫌気が差して離脱していた時期はあるものの3年以上プレイしていることになります。

3周年は・・・

1年前の3周年イベントはゼロクロニクル。
一般的にはストーリーがいいと高評価でしたが、ボクの目には敵対する国の王子(主人公)と王(アイリス)が一目惚れして自国を裏切っただけの薄っぺらな話にしか写りませんでした。
また、登場人物のひとりであるアデルが主人公(闇の王子)に容姿が似ているうえに、それまで出てきていなかった闇の王子にいきなり斬りつけられるなど、NARUTOの戦闘シーン並に描写が下手くそで、何が起きているか理解できずに混乱します。

f:id:nylon23:20180731231502p:plain

左から主人公(赤髪)、アデル、アデル(豹変・実態)、主人公(闇の王子) です。
なんでこんな似たデザインにしたのでしょうか。理解できません。

さらに、このゼロクロニクルに登場する主人公とヒロインをガチャにするという暴挙に出ました。 
引けなかった人は「無人公・ナイリス」と揶揄され、メインストーリーにつながるゼロクロニクルにて感情移入することもできず、わかりにくく内容の薄い紙芝居を見せつけられる苦行が待っていました。
スキップできるだけファイナルファンタジーのムービーよりはマシですが・・・。

メインストーリーとガチャだけでなく3周年はありとあらゆる手段で絶望を与えてくれました。
・凱旋ガチャ含む入れ替え排出ゼロ復刻
・新キャラ接待の協力バトル
・数値いじりのみのゴミのような神気解放
・イベントジュエルリセット無し
(今では当たり前でしたがそれまではリセットされていて古参プレーヤーもジュエルを得られました)

nylon23.hateblo.jp

そんなこんなで4周年イベントには微塵も期待していませんでした。

4周年は太っ腹だった

4周年を迎える前、いわゆる前夜祭もいろいろとありましたがどれも大したことはありませんでした。

gamewith.jp
新キャラが手に入らずに暗い気持ちでいる中で、おせにゃん4周年の放送が始まりました。


【白猫プロジェクト】やろうよ!白猫プロジェクト4周年記念スペシャル生放送!【浅井Pのおせニャん生放送】

この放送をなんとなく観ながら、大西ライオンを無駄に消費しやがってと舌打ちをしながらデイリーで手に入れたジュエルでカオスエンブリオガチャを回しました。

そして4周年凱旋ジャンボという過去のキャラが闇鍋状態で入った11連ガチャチケットでもいい引きができました。

さらに1日1回限定の凱旋無料ガチャでもいい引きが!

思えば7月に入る前から続いている凱旋ガチャは結構あたりが引けていました。

流れが来ているのかもしれません。

で、肝心の4周年イベント

4周年イベントはワールドエンドというタイトルで、文字通り世界の終焉に関わるものです。
物語は魔幻獣4部作からさらに未来の話で、冒頭であの闇の王を倒すところから始まります。

魔幻獣4部作は、1作目の蒼き炎のテンペストは全部ストーリーを読みましたが2作目のとらぶるトラベラーがおちゃらけ路線且つ大嫌いなソアラが登場して来たので全ストーリーをスキップしていました。
3作目の亡国の翼のころにはすっかりモチベーションが下がっていたのでジュエル回収とガチャの自転車操業でストーリーは全スキップ。4作目のカオスエンブリオも同じです。

おちゃらけ要素は物語の幹になる部分には不要だと思っています。(コレ、ONEPIECEにも当てはまる)

閑話休題

ワールドエンドは1年前のゼロクロニクル以上に高評価を得ています。
ボクも、今回はスキップせずに全て読みましたが絶賛されるほどのものではないと思います。

肝となるアイリスとエレノアの出会いが唐突すぎること。
二人の関係について大して深掘りされないまま、ご都合主義で簡単に光の王を継承してしまうところ。
ものわかりが悪く、融通の効かない老剣士(当然プレイアブルキャラにもされない)
からくりサーカスで散々出た「あのキャラは実はボクでした」という黒幕。
ありがちな「想い」でパワーが次元や時空を超えて敵を倒す展開。
同じく時空を越えて、もう会えないと思っていたあなたに会えた、という満足感。

どれもなにかの焼き直しでチープです。浅いです。
白猫プロジェクトのライターとボクは相性が悪いのかもしれません。

ボクにとっての白猫プロジェクト

1)ガチャを回して得た新キャラでガチャを回すためのジュエルを回収する
2)協力バトルを遊ぶ
ゲームであると再認識しました。
そう割り切るとやっぱり面白いゲームなんだと思います。

そんなわけでメインコンテンツであるガチャがたくさん引けた4周年は満足度の高いイベントでした。

ここでアイリスがどうしてもほしくなり課金・・・

100万マナを一気に使ってみた~スドリカ

貯めまくったマナを開放する時が来た

以前、マナを無計画に使ってしまいレベル上げに苦労したという経験から、レベル上げは基本戦闘後に付与されるもの(Expマナ)だけにし、貯蓄できるマナは使わずに所有しておくことにしていました。

その時の記事↓

気付いたら貯めることが目的にすり替わっていて、所有しているのが100万マナまでに膨れ上がっていました。
レベル上げのためのマナなのに・・・と我に返り一気に使ってしまうことにしました。

f:id:nylon23:20180523211535p:plain
所持マナ 1.04M(メガ=10^6 10の6乗)1.04×1,000,000=1,040,000 マナです。

 

どんどんマナ注入(観察者レベル52)

マナ注入トップバッターはヤンボー老師

f:id:nylon23:20180522024535j:plain
レベル36→52で158,000マナ消費。この調子でガンガン行くぜ!

f:id:nylon23:20180522024412j:plain
金属性:上段が注入前、下段が注入後

 

f:id:nylon23:20180522024424j:plain
黒属性:上段が注入前、下段が注入後

 

f:id:nylon23:20180522024437j:plain

白属性:上段が注入前、下段が注入後

結果:どこまでレベル上げ出来たか

f:id:nylon23:20180523213822p:plain

レベルが上がれば上がるほど必要マナが増えるのでUP数は目安にしかなりませんが、これだけのキャラのレベルアップができました。

いや、思っていたよりも少なかったです。

f:id:nylon23:20180523211955p:plain
すっからかんになりました。また貯蓄の日々です(笑)

荒井清和先生に似顔絵を描いていただくinイオンレイクタウン

という夢のような体験が出来たので人生のログとしてここに書き記します。

荒井清和先生とは、

べーしっ君やTVウォッチャーの逆襲などの作品の漫画家であると同時に、ファミコンオホーツクに消ゆいただきストリートなどゲームの原画・キャラクターデザインを担当されたイラストレーター。
そしてボクらファミコン世代にとっては、なんといってもファミ通(当時はファミコン通信)の目玉コンテンツだったクロスレビューのレビュアーのイラストが印象的。

シンプルなラインとコミカルな等身で、その人の特徴を表現されているイラストは唯一無二。
クロスレビューのイラストで先に知り、その後ファミ通誌面に写真で登場した際に、すぐ「あっ浜村通信だ」とわかるくらい似ていてびっくりした記憶がある。

べーしっ君 完全版 (立東舎)

べーしっ君 完全版 (立東舎)

 
TVウォッチャーの逆襲 (Hobonichi books)

TVウォッチャーの逆襲 (Hobonichi books)

 

その日の事をつらつらと・・・

8時に奥さんと家を出て、Moriでパンとコーヒーで朝食。
9時前に外を歩いてkazeに移動。オープンと同時に1階から入る。
3階の似顔絵コーナーの位置を把握しておらず半周。
9:03に到着したら既に並ばれている方が一人いた。

9:15頃荒井先生が準備にいらした。
本物だーと興奮しつつも、平静を装う。
作品のコピーをイーゼルに貼り出されている。
こういうこともご自身でやるのか、と驚く。
あまりジロジロ見るのは失礼だと思い、少しTwitterなどをやりつつ時間をすごす。
画材の準備等をされ、レジの使い方をもうひとりの画家さんにレクチャーを受けられていて、会計までご自身でされるのかとまた驚く。

10時になり前に並んでいた方が席に着いて似顔絵描きが始まる。
40~50分ほどして、ボクの番になったので着席。
めちゃくちゃ緊張する。

先生)今日はどんな感じにしますか?
ボク)先ほど(一人目)のかたと同じように全身でお願いします
先生)ポーズとか衣装とかご希望ありますか?

えっ?そんなことまでリクエストできるの?考えていなかった・・・どうしよう
と軽くテンパりつつも、平々凡々な自分自身を描いていただこうと

ボク)今日のこの格好で普通に立っている状態でお願いします。
と答えた。

シャープペンで色紙に全体像を下書き。うぉークロスレビューのあの等身だ、と興奮。

先生)今日は何で知って来られたんですか
ボク)昨夜Twitterでレイクタウンに来られるという先生のツイートを拝見しまして、こんな近所にお越しになるなんて行くしかないと思って来ました。

先生)へぇ、お近くなんですか。昔から?
ボク)もともとは越谷ではないのですが、引っ越してきました。学校が越谷で友人もこの辺りに住んでいてよく遊びにきていました。この辺りは何もなかったのに、こんなデカい商業施設と駅が出来て当時は驚きました。
先生)レイクタウンっていうからには湖があるんだろうけど一度も見たことがないんですよ。一度見てみたいと思っているんだけど。
ボク)湖なんて大層なものではないですよ。ため池みたいなもんで人工貯水池です。kazeから渡り廊下でアウトレットに抜けてその先にあります。すぐそばなのでお時間があればお立ち寄り下さい。

というように、色々話しかけていただき緊張も徐々にほぐれていきました。

一通り等身の枠を描き終わるとそこに顔を描き込んでいきます。
似顔絵なので当たり前ですが、めっちゃ顔を見られます。
こんなに顔を見られることはないので、なんとも気恥ずかしいです。
しかし、プロとして作品作りのために顔をみていただいているので、ボクも真っ直ぐに先生に視線を向けます。

先生)両目で二重の具合が違いますね。左は深いけど右は少し二重。
さすがプロ。自分でも忘れていた特徴をすぐに指摘されました。

ここで、ふと気付きます。そもそも人間って自分の顔を俯瞰で見ることはほとんどなくて、1日数回鏡越しに、しかも左右対称でしか見ることが出来ない。
実は自分の顔は、誰よりも自分が知らないのではないか、と。

先生)誰かに似ていると言われたことあります?
ボク)レギュラーのふたりを足して2で割ったと言われたことがあります。
先生)レギュラーって(笑)しかもふたりを足した感じってすごいですね。レギュラーっていうよりあるある探検隊っていう方が有名ですよね。
先生)なんとなく吉田戦車さんに雰囲気似ていますよ。
ボク)えっ、そうですか?吉田戦車先生のお顔が頭に浮かばなくて・・・
先生)そうですね。彼はあまり顔を出すことないですから。

伝染るんです。も好きな作品なので、ちょっと嬉しかったりします。

その後も、以下のようなゲームの話やよく見るスポーツの話しなど色々と話しをしました。

ファミ通のレビュアーのイラストは昔は直接会って描いていたけど、最近は写真を送ってもらって描くことがほとんど
ドラクエは(当時RPGがなかったので)最初やったときは、なんだこれはと思った
・あのシンプルさとサイズ感がちょうどよかったかもしれない
・リアルタイムで遊んでいない世代は1→2→3と順番に遊ばないので、3を先にやっちゃうと一人旅の1は面倒だろうな
・順番じゃないと3のあそこでの感動が堪能できない
・スポーツ人気はタレント性がある人の存在で左右される
・昔は卓球がここまで人気になるとは思っていなかった
・卓球がここまで市民権を得たのは福原愛選手の功績が大きいかもしれない
・サッカーは勝てなかったら、また協会叩かれるんだろうな

などなど。※上記は先生とボクの会話ごちゃまぜです

そんな会話をしつつ、色紙の上では似顔絵画がどんどんと完成に向かって進んでいきます。

ペン入れは、油性マジックで描かれます。
いわゆる通常の油性マジックなのですが、それできれいなラインが描かれていきます。
やっぱりプロってすごい。
巨大な練り消しで下書きを消した後に絵の具で色入れが始まります。

水分を多く含ませた筆にパレットから色を溶かして吸わせ色紙にさっと塗っていく感じです。
ラインの上を筆が走っても、油性マジックが水性絵の具をはじいてラインは残ります。
なるほど、この水分多めの筆は色合いだけでなく作業性も兼ねているのか。
とプロの仕事に感心しきりです。

黒いスニーカーは黒絵の具で塗ることでせっかくのラインが消えてしまいました。
すると水を含ませた筆でスニーカー部を濡らし、ティッシュに黒絵の具が溶け出した水分を吸わせます。
これを何度か繰り返すことで、黒いスニーカーだけどラインも見えるようになりました。

最後にサインも入れていただき、完成したのがこの一枚です。

f:id:nylon23:20180519131533j:plain

もうね、宝物ですよ。
あの時Twitterを見ていてよかった。この日が休みでよかった。と色んな事に感謝です。

【攻略】王国の命運をかけた戦い〜スドリカ

高難易度と噂の 8-11 王国の命運をかけた戦い に挑戦しました。
いやー、思っていたよりキツかったです。
ストーリーステージでメンバーは、金SRディラン、黒Rナーヤ、白SRアンジェリア固定となります。

クリアのための準備

・観察者レベルは50まであげる
・ダメージを与えることは意識せずルーティーンから外れないことに集中
・回復もルーティーンを崩さない範疇でのみ行う
・ナーヤとアンジェリアが死ぬのは想定内
・長期戦になる覚悟をする
・それでもダメな時は日を改める

バトル1のポイント

防御力ダウンをかけないと全体攻撃をしてくるので必ず防御力ダウンにする。
ナーヤとアンジェリアはノーダメージでバトル2に連れていきたい。

【手順】
敵のカウントが3の時・・・何しても良い
敵のカウントが2の時・・・ナーヤ1消しで防御力ダウン(全体攻撃を予防)
敵のカウントが1の時・・・ディラン1消しorアンジー1消しで盾を貼りつつ挑発(ディラン以外ダメージを受けないように)

敵の攻撃・・・ディランが受ける。「傷」を受けるので「傷」中は行動しない。
敵のカウントが3...に戻る

基本これの繰り返し。
敵の盾ゲージが減ったらバトル2に突入となります。

f:id:nylon23:20180519214137j:plain
敵のステータスや状態を長押しで確認するのはスドリカの基本

f:id:nylon23:20180519214146j:plain
敵のCD(カウントダウン)2の時にナーヤ1消しで防御力ダウン

f:id:nylon23:20180519214151j:plain
ディラン1消しで挑発状態にする

f:id:nylon23:20180519214155j:plain
攻撃を食らうとこのように「傷」状態になるので行動を控える

バトル2のポイント

ディランが死ぬと一気に全滅につながる。
ディランが生きてさえいれば盾を張って粘り、ナーヤとアンジェリアの復活が可能。
カウントが0になったときの攻撃は全体攻撃なので挑発は意識しなくてOK。
ナーヤとアンジェリアを生きた状態でクリアしておきたい。
できればナーヤの体力は多い状態がいい。
ディランは退場となるので、最後は死んでも構わない。
敵を長押しで残っている盾ゲージを見ながら倒しどきを調節する。

【手順】
(全3バトルの中で一番手順にしばりがない戦い)
アンジェリアは2消しで盾を全体にかける
ナーヤとディランでガンガン攻撃する

f:id:nylon23:20180519214249j:plain
バトル2も敵のチェックを忘れずに。攻撃すると弱化させられるが敵も防御力ダウン状態になる

f:id:nylon23:20180519214300j:plain
ナーヤの体力を残しておくとバトル3が楽になる

f:id:nylon23:20180519214308j:plain盾残り僅かなのでこの攻撃でバトル2が終了になる。バトル3向けに盤上の整備も意識できるとベター

バトル3のポイント

ソウル誘発がポイント
※決められた数のソウルを消すとパーティ全員がそのスキルを発動する

ソウル誘発は、1(魔法陣・青)→2(紫)→4(金)→1に戻る。
誘発できなかったときのペナルティはない。特に4消しを意識する。

大抵の場合アンジェリアは死ぬが放置して、シオンとナーヤのスキルをつなげてダメージを与えることを優先でOK

f:id:nylon23:20180519214351j:plain
魔法陣青は1ソウル誘発。ここでは下段の白を消すといい。

f:id:nylon23:20180519214545j:plain
魔法陣紫は2ソウル誘発。次に4消しに繋げるため下段中央の紫2消しをする。

f:id:nylon23:20180519214547j:plain
魔法陣金は4ソウル誘発。準備していた金4消しをする。こんなイメージで繋げる。

f:id:nylon23:20180519214552j:plain
大抵の場合アンジーは死ぬが、放置して1→2→4を繰り返せば勝てる!

このような手順であれば何度かチャレンジすればクリアできるはずです。
やさぐれがちになりますが、がんばって!

シオンSPを使ってみる〜スドリカ

せっかく手に入れたシオンSPを使ってみる

前回のディランSPに続く、せっかく手に入れたので使ってみるシリーズです。

f:id:nylon23:20180516022721p:plain

シオンSPのスキル構成

属性は白(並びは左側、後衛)

スキル 内容
1ソウルスキル  指定の敵に6ターンの「傷」を与える。
2ソウルスキル

 体力が満タンでない敵全員に盾を無視した攻撃(攻撃値100%)を発動する。敵がダメージを負っていない場合、指定の仲間の盾を強化(攻撃値180%)して、さらに6ターン「強化」させる。

4ソウルスキル

 体力が満タンでない敵全員に盾を無視した攻撃(攻撃値150%)をして、さらに6ターンの「傷」を与える。敵がダメージを負っていない場合、指定の仲間の盾を強化(攻撃値180%)して、さらに6ターン「強化」させる。

アドバイザースキル  仲間が「強化」中の場合、攻撃時にターゲットに「傷」を与える。
パッシブスキル  仲間が「強化」中の場合、攻撃時にターゲットに「傷」を与える。

 【傷】スキル発動後、1スタックごとに残りの体力の10%を失う。最高3スタック。
【強化】毎スタック30%攻撃力がアップする。最高3スタック。

白属性なのに「傷」与えまくりで回復なし。文字通り尖った性能。
と思いきや、説明が長すぎて分かりにくいが、2消しと4消しはバトル開始直後などの敵がダメージを負っていない場面では盾と強化を与えるサポート性もちゃんと兼ね備えている。

さて、このシオンSPは誰と組み合わせると面白いのだろうか。

オススメ金属性は砕牙(サイガ)

砕牙(以下”白熊”と表記)の1消しは、
敵を全員攻撃(攻撃値50%)して、さらに自分を「強化」する。
というもの。1消しなのでほぼいつでも、手軽に全体攻撃ができる上に自分で強化出来る。

バトル開始時に金ソウルが並びに関係なく2個ありさえすれば

1)白熊1消し 全体攻撃+白熊自身の強化
2)白熊1消し 全体攻撃+シオンSPパッシブで全員に傷を与える→さらに白熊強化継続

というコンボが成り立つ。
ここからシオンSPの2消し、4消しで盾を無視した攻撃につながる。

もしくはシオンSPから始めるパターンも有る
1)シオンSP2消し 白熊に盾と6ターンの強化を与える
2)白熊1消し 全体攻撃+シオンSPパッシブで全員に傷を与える
前衛の白熊のディフェンス力があがるのと、盾が壊れたときに1消しを2回発動する※
というパッシブにもつながるので、余裕があればこちらがオススメです。

SSR白熊で1消し2回発動、SR白熊で1消し1回発動、Rには存在しないパッシブ

シオンSPはガンガン攻めるパーティに向いている

回復が無いことでどのように構成するか悩んでいましたが、体力が尽きる前に敵を全部倒してしまえばいいわけで、こういう白属性も面白いと感じます。

黒属性(中衛・アタッカー)は何でもいいです。好みで編成できます。
この自由度も魅力のひとつですね。